〈なる〉というのは間違いですよ

先日、以下の書き物した。

・・・・・・

2017-02-21

教育者は、哲学的思考との共存、そればかりか芸術的思考との共存の決意を表明する

例えば善者vs悪者、男vs女、教員vs学生といった二項対立で社会システムを考えていた時代、弱者は悪者であり女であり学生であった。その者らは敵つまり善者、男、教員からの自由を叫んだ。が、自由にした先には何もなかった。見かねた社会学者が「自由とは何々からの自由ではなくて何々への自由だ」と述べた。だがこれは敵への自由という意味だけではない。二項対立が一項では成立しない以上、敵への自由をいうのであれば、弱者への自由もまたいわれねばならない。さて弱者は(弱者からした)敵からしたら弱い敵ともいえる。だとするとオルテガは「自由主義は、敵との共存、そればかりか弱い敵との共存の決意を表明する」とその著『大衆の反逆』で述べたが、まさにその通りだといえる。

教員にとって最も難しい仕事は授業の場にいるにもかかわらず決して授業を受けようとしない学生の扱いについてではないか。授業の場にいながら授業以外の何かしらに囚われている学生の扱いについてだ。この学生を無視することあるいは追い出すことは容易だろう。その二つを禁じ手とするのであれば、教員は授業中、裏返り、その学生のありさまの変化・生成を試みなければならないはずだ。対話的な場に出なければならないのです。ありさまの変化については何があるのかを問い続けてきた哲学的思考(ハイデガー的哲学)が、変化したありさまからの生成については終わり方に注意し続けてきた芸術的思考(レヴィナス的哲学)が力を貸すだろう(ハイデガー的哲学とレヴィナス的哲学の接続の理論は自分の場合、数学が担っていると考えている)。

こうして学生のありさまが一変すれば、必ずしもではないが授業に取り組むようになるかもしれない。ならなくても何かにとらわれているだけの時に比べたらひとつ成熟したといえる。ここで裏返っていた教員は表返り、今度はそのありさまが一変した学生の存在を起点にそれまでの授業のありさまを一変させる。あるいは一変させないという一変をさせる。こうして「落ちこぼれ」以前のおちこぼれを出さない授業が可能となるのだろうか。

この授業の枠組みはメルロポンティの可逆性的思考による。可逆性的思考において伝統的な哲学的思考あるいは芸術的思考(背後には数学)が生きているということです。オルテガの言葉をもじれば「教育者は、哲学的思考との共存、そればかりか芸術的思考との共存の決意を表明する」のです。となるのだろうか。

この授業の枠組みはメルロポンティの可逆性的思考による。可逆性的思考において伝統的な哲学的思考あるいは芸術的思考(背後には数学)が生きているということです。オルテガの言葉をもじれば「教育者は、哲学的思考との共存、そればかりか芸術的思考との共存の決意を表明する」のです。

・・・・・・

すると賛成あるいは反対でいえば、自分としては賛成できる論者―どちらかといえば産経新聞的な書き物に同意しない論者―から「いつもの反応」が返ってきた。どのような反応かといえば「それはしないほうがいい」という反応だ。「教育者は、哲学的思考との共存、そればかりか芸術的思考との共存の決意を表明する」という態度で授業に挑むと、その態度での授業はかなり教育的な成果を上げることが予感されるが、ファシリテーターが育成されていない現状では、小中の教員のグダグダな説教を垂れ流す事だけになるからやめた方がいいというものだ。産経新聞ならば次の様に報道するだろう。以下は翌日の産経新聞の報道です。(やはり釣れた。比較的大物ですかね)。

・・・・・・

校舎内で女子児童にわいせつ行為の疑い 長野・大鹿小の教員逮捕(産経新聞

 長野県警飯田署は22日、学校内で10代の女性にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで、同県大鹿村立大鹿小学校の教員、唐沢慧容疑者(31)=松川町元大島=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は平成27年2月20日と同3月17日、南信地方の学校で同地方に住んでいた10代の女性に対して身体を触るなどわいせつな行為を働いたとしている。

 学校関係者などによると、唐沢容疑者は勤務していた大鹿小学校の校舎内で、当時高学年の女子児童に対して犯行に及んだ疑いが持たれている。

 県教育委員会によれば、唐沢容疑者は26~27年度は県教委に、28年度からは大鹿村教委に講師としてそれぞれ任用され、同小学校の教壇に立っていた。

 県内では今年度、教職員によるわいせつ事案が相次ぎ、明らかになったのはこれで8件目。

……

教育者は、哲学的思考との共存、そればかりか芸術的思考との共存の決意を表明する」という態度の授業はどうだろうかという事を述べると、普段は産経新聞と仲が悪く見える論者も産経新聞と同じような意見を述べる。この点、産経新聞の方が危険性を具体的に的確に指摘してくれる。そうはいっても新聞社です。

授業において教員が裏返ると、それは教育的にとても成果をもたらしそうなのだが、ともすると論者の懸念や産経新聞の報道にあるように教育関係内で例えば(いわゆる)「公然わいせつ事案」などの(いわゆる)「犯罪」が起きる。ただ見分けは難しい。それは授業部外者からすると明らかに犯罪だが、当事者たちには違う事もある。が、大抵は「犯罪」になる。そうなるのです。当時は違っても後から犯罪になってしまうのです(「〈なる〉というのは間違いですよ」と亡き師はいった)。こうした事例は、少し前では「奇妙な女子学生」を「助けよう」として全裸になった大学講師の事例(本当に助けようとしていたのでしようね)、古くは四国・香川大学教育学部の心理系の教授が研究成果に基づき女子学生の「治療」をなして問題化した事例(本当に治療しようとしていたのでしょうね)などだろう。

境界で活動することの危うさについてはカウンセラー養成の場では十分になされていたし今もなされているのだろう。例えばかつて河合隼雄は、教育と恋愛は似ていてそのような状態にいたることが教育上好ましいのだが、極ごく稀な場合を除き、教員が学生の恋人にならないように教員は注意しなければならない、というようなことについて述べていた。例えば『カウンセリングを考える』(河合隼雄)では「本当にどこまでわかっているかということになってきますと、結局、自分はそういうことをやり抜くだけの資格とか責任とかいうものを本当にもっているのだろうか、ということになってくると思うのです」と述べている。こう考えてくると、かつて教育行政は教員にカウンセリングマインドを望んだが、なまじそうしたマインドを身につけ生徒に関わると、容易に犯罪を起こすからやめた方がいいのではないかと思う。そのうちに教育社会学者が「学び」を掲げている教育地域や教員のカウンセリングマインドの涵養に力を入れている地域の教員とそうではない地域-就職や進学に力を入れている地域―の犯罪について調査するのではないか(もうあるのかな)。ちなみにおそらく政府が主導する愛国的な教育を推進する地域は「学び」やカウンセリングマインド涵養地域よりも犯罪率が高いかもしれない。一番安全な教育の仕事は就職指導や受験指導。けどその背後でね、というところがいつも問題。

ここら辺は(若いと?)悩ましいところだ。東大教授の田中志智は『〈教育〉の解読』でこう問いを立てている。「この〈学び〉やダイアローグの危うさと、〈教育〉の物語=神話の危うさ、私たちはそのどちらの危うさを引き受けるべきなのだろうか?しかしそれは、私たちがそれぞれ個体として選択する問題である。そして倫理なるものは、この選択のなかにこそ生じる決断にほかならない。それは断じて教育的なものではない」。

「個体として選択する」に従えば、わたしが教員で気楽に仕事をするとしたら「〈教育〉の物語=神話の危うさ」にのっかる。授業の場にいながら授業に取り組もうとしない生徒がいたら、すぐにしかるべき手続きに従い教育的指導を行う。その後はいつものように自己実現の人生に向けてどんどん進んでいく(管理職試験なんか受けちゃうかもしれない)。が、というところがれいの背後の問題だ。いくぶん長く生きると田中教授のその言葉のように賢く(?)あられなくなる。反対派の意見は痛いほどわかる。でもその方々の近くには議論の対象としての「弱者」はいるかもしれないけどリアル弱者がいるようには見えない。リアル弱者が身近にいると容易に「〈教育〉の物語=神話の危うさ」にのっかることはできない。のっかているときそれが尻にしている事柄を反対派は確認しているのだろうか。自分はとてもではないがのっかれない(現場、特に子供の生活世界は、ある程度の瞬間、瞬間でどんどんかわっているようです。ガラリとかわっています)。だからどうしても「〈学び〉やダイアローグの危うさ」にも―強調するが「も」―のっかりたくなります。それはリアル弱者あるいは自分のため、どちらの者のためというのではなくてです。こうして両方のっかると、今の自分としては「教育者は、哲学的思考との共存、そればかりか芸術的思考との共存の決意を表明する」的考え方の教育が望ましいと思います。けど犯罪的なことは決してしません。身を守るようにします。何もしていないのに例えば「犯されました~」などといわれたくないですからね。犯していなくても事実化していきますからね(ここは先ほど確認しました)。これはいうなれば「公式に非公式を公式に行う危険性」ですね。そう言った大学准教授は自分のいう様に犯罪者になってしまったのだろうか。それは嫌だな。元気になってよ。私といえば私は普通です。そんなの当り前じゃないですか。この書き物に惑わされないように。書き物ハンブンいや四分の一程度でお願いしますよ。じゃないとそのうち村上春樹の小説のメイやあゆみのよう這い上がれない穴に落ちてしまいますよ(わたしはひょっとしたらもう落ちているのかもしれないなぁ。それは自分にはわかりにくい。生まれ出ることはできるのだろうか。ヘルプミー)。