数学人間学 期末試験問題

数学人間学 期末試験問題

 問題

ある正三角形の重心を軸として頂点をずらしながら同じ大きさの正三角形を書き重ねていくとその都度、ある多角形ができる。さらに書き重ねていくとある瞬間その多角形が円形にしか認識できなくなることもある。しかしそうした多角形は円形に極めて近づくが決して円形にはならない。だが誤認しているわけではない。

 

(1)傍線部の場合の円形を何と呼びますか。

 

 

(2)「ある瞬間」に於いてどのような観点があなたにその多角形を円形だと認識させましたか。

 

 

(3)あなたが認識した円形は私には多角形のひとつに見えます。しかしあなたは円形だと認識しています。あなたが認識している円形-私にとっては多角形のひとつ-が、私にも円形だと認識できるようにするにはあなたはどのような観点を提示しますか。

 

 

(4)この問題の作者はあなたとしては誰だと思いますか。

 

 

                          以上で問題は終わりです。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

解答用紙                 氏名 セーレン・キェルケゴール

 

(1)は極限です。(2)と(3)は、自分は「人間とは精神である。精神とは何であるか?精神とは自己である。自己とは何であるか?自己とは自己自身に関係するところの関係である、すなわち関係ということには関係が自己自身に関係するものなることが含まれている、-それで自己とは単なる関係ではなしに、関係が自己自身に関係するというそのことである」と自著『死に至る病』に書いたので(2)の答えは「人間」、(3)の答えは「自己」です。(4)の答えは「神様」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

解答用紙                 氏名 佐々木 悟

 

(1)極限。

(2)と(3)を答えるにあたりまずこの問題の仕組みを図式的に表してみました。

Aがある。AはCとBという非対称の二観点から問いの対象Ⅾへ。問いの対象ⅮへEが否応なしに触れてくる。触感Fから瞬時にAはGとわかる。わかった後にGを二つ目の答えKへと至らしめているものを知りえようとして二つ目の観点IやそのGへの触感JからIを見つける。その傍らにこの作業をしていた人がいる。(ただしG≠KかつG=K)

よって(2)は「E(良い)」、(3)は「I(愛)」です。(4)は「人」です。というのも次のように考えたからです。

ところでなぜAがあるのか。連鎖が切れているからではなかろうか。その意味で今はAのみならずBから人までそれぞれただある。連鎖が切れる以前は連鎖が切れてAのみがあった。ただしどのような連鎖が切れた結果なのかはわからない。それはつないでみることによってどのような連鎖が切れたのかが初めてわかる。それ(Gに相当とする)がわかると知りえること(K)があり、知りえると瞬間的に黙さざるを得ないこと(J)がわかり、それを起こさせないために何(I)ができるかが自ずと見つかり、その何を別方へと向ける手(人)も定まる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな物語を考えていると数学人間学だけではなくて経済人間学でも医学人間学でも人間人間学でもいいのですが、教科名に「人間」をつけると勉強が今以上に楽しくなりそうだと思いますね(物理人間学は量子力学のような気もしますが)。

それにその勉強で身につける表現の枠組みはいざという時に自分の身を救いそうです(はぐらかすようにして)。白黒つけたい方には不向きかもしれません、あるいは嫌がられるかもしれません。